開運生活

私生活を見直す

NHKも特集した「預金封鎖」 お金引き出せなくなる悪夢は襲ってくるのか

syusyu1, · カテゴリー: Uncategorized

戦後の日本経済を襲った猛烈なインフレーションを抑える目的で施行された、といわれる「預金封鎖」が再び発動されるのではないか――。そんな議論がまことしやかに広がってきた。
なにしろ、国の借金は2014年12月末時点で約1030兆円。国民一人あたり811万円に達し、国内総生産(GDP)に占める割合は231.9%にまで膨らんだ。対GDP比はすでに、「預金封鎖」が施行される前(1944年度末)の204%をはるかに超えているのだ。
預金封鎖の狙いは「財産税だった」
近い将来、「預金封鎖」が発動される可能性は「ゼロではない」?
近い将来、「預金封鎖」が発動される可能性は「ゼロではない」?
「預金封鎖」が話題になっている。
NHK「ニュースウオッチ9」(2015年2月16日放送)では、預金封鎖によって起った国民生活の激変ぶりを、大阪市立大学名誉教授の林直道さん(91)が証言。さらにNHKが政府への情報公開請求によって入手した当時の証言記録をもとに、預金封鎖の「真の目的」に迫るという内容だった。
政府は戦時中、国民に国債の購入を促して大量に発行した。その結果、国の借金は急増。終戦前の1944(昭和19)年度末には対GDP比204%にまで膨らんだ。
敗戦直後、物資や食料が不足している日本を猛烈なインフレが襲い、国の財政は危機的状況に瀕した。政府は借金の返済原資を確保しようと、国民がもつ10万円超の預貯金のほか、家屋や田畑、株式など幅広い資産に最高90%を課税した。それが財産税だ。敗戦による国の借金を国民に負わせようとしたわけだ。
突然の通告で国民生活はどうなったのか――。当時22歳の学生だった林直道さん(91)は、預金封鎖でお金が引き出せなくなり、手持ちのお金が不足したことで、ただでさえ不足していた食料がますます手に入りにくくなり、川の堤防に生えている草をゆがいて、わずかなご飯とともに食べたこともあったと語った。
一方、預金封鎖は当初、貧困にあえぐ国民を救済するため、流通する貨幣の量を強制的に減らしてインフレを抑えるのが目的とされてきた。加えて、番組では預金封鎖の「もうひとつの狙い」が、「財産税を課税するためには国民の資産を把握する必要があった」と解説している。
つまり預金封鎖は、銀行の預金を一定期間「凍結」して資産を把握。それに課税する措置ということのようだ。
この放送後、インターネットではさまざまな議論を呼んでいる。提言型ニュースサイトのBLOGOSには、金融アナリストの久保田博幸氏が「預金封鎖と政府債務の削減」と題して取り上げ、また米国の投資顧問会社に勤める広瀬隆雄氏は「唐突感」があるとしながらも、「キターッ NHK、預金封鎖を語る(笑)」と題して考察した。
インターネットの書き込みにも、
「自分達(政治家、官僚)の失敗のツケを国民に押し付けるつもりだな!」
「公共事業もうやめぇ。海外に金をばらまくのもやめや。他人の金をあてにするな」
「ん、、、消費税を上げるためのプロパガンダか? 」
「銀行から預金が引き出せなくなるとか最悪だね。この先そんなことが起こってもおかしくないのかぁ」
「歴史は繰り返すと言いますからね」
といった声が寄せられている。

もう、怖いよね。預金封鎖なんて(汗)
かといって、タンス預金も怖いよね。

低賃金公務員の給料を8%引き上げ、賃金係数2.34以下が対象

syusyu1, · カテゴリー: Uncategorized

政府はこのほど、低賃金の公務員の給料を8%引き上げることを規定した政令を公布した。公務員の給料は、職位によって最低賃金に係数を掛けて算定されるが、今回は賃金係数が2.34以下の人が対象となる。現在の公務員の最低賃金は月115万VND(約6420円)となっている。
 政令の適用対象者は、2008年公務員法第4条で規定する共産党・政府機関・政治社会組織・公共事業体に勤務する職員、幼稚園教員、国防や警察関連の職員など、政府予算を給料の財源とする人。
 財源は、各機関の経常支出の10%を節約して捻出するほか、手数料やサービス料などの名目で徴収した金額の少なくとも40%を充てる。医療機関の場合は徴収額から必要経費を除いた額の少なくとも35%を充てるとしている。
 政令は4月1日に施行されるが、この政令で規定されている制度は1月1日にさかのぼって適用される。

「手数料やサービス料などの名目で徴収した金額」って何?
結局私たち国民のお金だよなあ。

あなたを開運に導く!運気のデトックス法

syusyu1, · カテゴリー: Uncategorized

最近、何もいいことがない。ほんと、ツイてないな。イヤなことばっかり!・・・・・・こういうときは、「どうせ私なんて」とふてくされて、どんどんマイナスのスパイラルに落ちていきがちです。 しかし、そんなことではいけません! 誰にだって、いいときと悪いときはあります。良くない運気を感じているなら、ぜひ、自分を浄化してみましょう! ちょっとした行動が運気をスイッチするきっかけとなり、あれよあれよと運が巡ってくることがあります。 今回は、あなたに合った自己浄化方法を、火地風水の4つのエレメント別にご紹介しましょう。

火の星座(牡羊座、獅子座、射手座)

 火の星座グループにぴったりなのは、「火」をイメージさせる浄化法です。炎のように熱い太陽の光を浴びたり、燃え盛る火の勢いで運動やスポーツをしましょう。熱いお湯に浸かったり、サウナで汗を流すのも◎。浄化効果を高めるには、熱くなった自分の体温を感じながら、毛穴という毛穴から不浄のものがすべて排出され、清らかな自分になると強くイメージしてください。そうすることで、よくない気や運気も消え去り、お肌も美しくなります! 仕上げには、肉汁のしたたる焼き肉やステーキを食べましょう。デトックス後のパワーチャージです。

地の星座(牡牛座、乙女座、山羊座)

 地の星座グループにぴったりなのは、「地」をイメージさせる浄化法です。土の香りの漂う公園を散歩したり、森林浴を楽しんで。大きな木を見つけたら、手で触れたり抱き着いたりしてみましょう。ガーデニングで土と触れ合うのもありです。浄化効果を高めるには、大地とつながる自分を意識しながら、植物からのエネルギーを得て、どんどんいきいきとしてくる自分をイメージしてください。地がけがれを吸収して浄化し、その地で育った元気な木々と植物が力を与えてくれるでしょう。仕上げには、大地の恵みの新鮮野菜と穀物でパワーチャージを!

風の星座(双子座、天秤座、水瓶座)

 風の星座グループにぴったりなのは、「風」をイメージさせる浄化法です。風に吹かれたり、風を感じながら風のように走ってみたり、窓を開けて部屋に風を入れるのもいいでしょう。新鮮できれいな風が通るように、換気扇やエアコンのフィルターも掃除すればばっちり! 浄化効果を高めるには、不要な念や悪い気のすべてを風が吹き飛ばし、まっさらの自分になることをイメージしてください。よくないものが飛ばされたあと、新しい喜びの風が入ってくるでしょう。仕上げには、風に干した干物や保存食を食べてパワーをチャージ!

水の星座(蟹座、蠍座、魚座)

 水の星座グループにぴったりなのは、「水」をイメージさせる浄化法です。水を飲んだり、湯船に浸かったり、プールで魚のように泳ぐのは特にオススメ。シャワーを浴びたり、手洗いや洗顔をするのもいいでしょう。浄化効果を高めるには、悪い気や必要のないものすべてが体内から洗い流され、心身ともにクリーンな自分になることをイメージしてください。身体の半分以上を占める水分を澄んだ水と入れ替えることで、運気も元気に活性化してくるはず。仕上げには、水栽培で育った野菜や魚介類を食べてパワーチャージしましょう。

おわりに

 簡単にできる浄化法もあるので、「なんかおかしいな」と思ったときは、ぜひ、お試しください。運気をスイッチすることで、プラスのスパイラルを生み出しましょう! 「ダメダメだ・・・・・・」とあきらめないことです。

運気のデトックスというよりは、
やはり体のいらないもの(脂肪)をデトックスしたいなあ。

一生貧乏な人にありがちな口癖「お金さえあれば…」

syusyu1, · カテゴリー: Uncategorized

お金さえあれば…という口癖です。
前にもブログで書きましたが、お金があったら〇〇できるのに…と言うのと同じことですね。
ほんとうにこんなふうに思っている人や、口に出す人は多いです。
この方に共通しているのは、お金がすべてだと思っている…。
お金がなかったら何もできない、と思っていらっしゃいます。

もちろんお金があれば良いにこしたことはないけれど、発想を変えるとお金だけじゃないな~と気づくのですけれどね。
例えば私と同じような個人起業家さんが、お客様に来てほしいから広告を出したいけれど、お金がないから広告が出せない。
お金さえあれば、広告が出せてお客様に来てもらえるのに…と思うとします。

ほんとうにそれだけですか?と思ってしまいます。

お金をかけないでできる方法ってたくさんありますよね。
そんなふうに考えると、お金がなくてもできることってアイディアしだいでたくさんあると思うのです。
お金があれば…というのは、潜在意識の中では「自分自身にはお金がないんだ!」と繰り返しインプットしていることになるんですよ。

だから、一生貧乏な人にありがち…と言われるゆえんなのでしょうね。

宝くじ・・・あたらないかなあ。
夢だけはおおきいんだけどなww

趣味にかけられるお金は幾らまで!? 年収で趣味の傾向が異なるのか徹底比較

syusyu1, · カテゴリー: Uncategorized

d-labo(スルガ銀行夢研究所)は、2014年12月8日~9日の期間において、全国の20~40代の男女500名を対象に、趣味に関するインターネット調査を実施した。

まず、現在いくつ趣味を持っているのかという質問に対して、「2個」と回答した人が最多の32.2%、続いて「3個」と答えた人が21.2%、「1個」と答えた人が21.0%という結果に。その一方、「6~11個以上」といった回答は全体の1.6~2.6%と非常に少ないことから、趣味をたくさん持ったとしても5個までが限界ということが言えそう。

次に、趣味に月平均いくらお金をかけているのか聞いたところ、5千円未満が30.0%、続いて5千円以上~1万円未満が22.2%、1万円以上~2万円未満が15.8%、一方、月に5万円以上お金をかけている人は全体の約1割という結果となった。そして、現在夢中になっている趣味を年収別に聞いてみたところ、年収300万円未満は読書30.0%、映画鑑賞・DVD鑑賞29.0%、ゲーム19.0%という結果となっており、比較的安価で始めることができるインドアな趣味が多い傾向に。

一方で年収1,000万円以上の人は、年収300万円未満の人と同じ、読書や映画鑑賞・DVD鑑賞などインドアな趣味を楽しんでいるのに加え、スポーツやロードバイク、ゴルフ、ダイビング、登山、釣りなどアウトドアな趣味も楽しんでいる人が多いことが分かった。さらに結果を見ていくと、年収の高い人ほど趣味のためにローンをよく組むという傾向も見られた。

そして、1日のうち趣味にかけている平均時間はどのくらいかを聞いたところ、1時間未満と答えた人が58.0%、1時間~2時間未満と答えた人が29.4%と、忙しい現代人ゆえか、趣味にそれほど時間を費やせていないという実態が明らかになった。年収別に見たところ、趣味の個数や趣味にかけるお金、趣味の中身については違いがあったものの、趣味にかける時間に関しては、年収300万円未満の人も1,000万円以上の人もあまり大差がなく、共通して過半数の人が1日平均1時間未満という結果となった。さらには、今やっている趣味が充実しているか質問したところ、充実していると回答した人が61.0%、物足りないと感じている人が39.0%いることが明らかになった。

最後に、趣味を始めるにあたりもっとも障壁になっているものが何か聞いたところ、「時間がない」という声が47.0%と最も多く、続いて多かったのが27.4%の「お金が足りない」という声。今回の調査では、やはり趣味を始める上で“時間”と“お金”が障壁になっているケースが多いことがわかった。

やりたいこと、いっぱいありすぎて、
ひとつには絞れない。

全部やるには、200歳まで生きなきゃね!!

工夫次第で減らせる!子どもの習い事にかかるお金を減らす3つのコツ

syusyu1, · カテゴリー: Uncategorized

お子様の将来のため、スイミング、英語、ピアノなど、小さいうちから、いくつも習い事をかけもちすることも多いですよね。これらの習い事に「お金がかかる……」とため息をつくママがいますが、実はお金を“かけている”のです。子どもの習い事のお金は工夫次第で減らせます。

今回は、2人の子どもの母親でもあるファイナンシャルプランナーの筆者が、子どもの習い事にかかるお金を減らす3つのコツについてお伝えします。

■本当に子どもがやりたがっているものを選ぶ

“親が習わせたいから”“お友達が通っているから”といった理由で習い事を始めるパターンは多いのですが、すぐにあきたり、行くのを嫌がったりして辞めてしまうことになります。

子どもの習い事は「辞めたい」と言い出すのは日常茶飯事。それを辞めずに続けられてこそ、本当に身につくものです。子どもが本当にやりたいものでなかった場合、やる気が持続せず中途半端な所で辞めてしまい、「無駄なお金を使った」と後悔することになります。

■目的を達成したら辞めるタイミングを逃さない

子どもの習い事で圧倒的な人気を誇るスイミングは、体力をつけるために始めるケースが多いようです。小さいうちは、水に慣れることや泳ぎをマスターすることを目的に続けていくと思いますが、ひととおり泳ぎをマスターした後は、辞めるタイミングが難しいようです。

上を目指す選手として真剣にとり組むような場合は別ですが、ただ体力を維持するために「だらだら」と通っているようなら、辞めるタイミングを逃さずに「卒業」すれば、費用を節約できます。

これは一つの例に過ぎません。長く取り組みたい習い事もあれば、目的を達成したら辞めてもいい習い事もあるはずです。

■地域の安い教室やネットサービスも利用して費用を節約

習い事にかかるお金自体を節約することも全体の費用を減らすためには有効です。自治体が発行する広報などで、子どもの体操や陸上などのイベント教室の案内を見たことがありませんか?これら教室は格安な料金で利用することができます。

また、ネットには無料の学習プリントやスカイプを利用した格安の英会話教室など、あまりお金をかけずにできる習い事がたくさんあり、内容も充実しています。これらをうまく利用すると、習い事の費用の節約になります。

いかがでしたか? 子どもが成長するにつれ、学習塾の費用、受験の費用など、教育にかかるお金は高くなっていきます。習い事にお金をかけすぎて、高校や大学の教育費が不足することのないよう、習い事にかけるお金はあまり膨らまないようにし、将来のための教育費も並行して準備していくようにしましょう。

地域の無料イベントも、
友達と参加できるから、けっこう子供は喜ぶよ!!

通帳で分かる! お金が貯まらない人の共通点3つ – 100万円ためるコツ

syusyu1, · カテゴリー: Uncategorized

「通帳を見ると、その人のお金の使い方が分かります」と言うのは、金融機関勤務を経て数多くの通帳を見てきたファイナンシャルプランナーの高橋幸緒里さん。お金が貯まらない人の通帳に多い共通点をあげてもらい、それに対しての「貯めるための対策」を教えてもらった。心あたりのある人はチェックしてみよう!

共通点1: 普通預金に大半のお金が入っている

普通預金にお金の大半が入っているということは、”貯める仕組み”が作れていないということ。また、普通預金に入れておくと引き出しが簡単なので、つい使ってしまう原因にも。

貯蓄の鉄則は先取り貯蓄。「お金が残ったら貯蓄をしよう」などと悠長に構えていては、いつまでたっても貯まらない。まずは、収入から自動的に先取り貯蓄ができる”貯める仕組み”作りを始めよう。それには以下のような方法がある。

1)財形貯蓄・積立貯蓄をする
会社の財形貯蓄を利用したり、普通預金の口座に自動積み立てを設定する。その際のポイントとしては、積立日を給料日、もしくは給料日の翌日にすること。こうしておけば残高不足で積み立てができないということはなく、確実に貯蓄額が増えていく。

2)二口座制を利用する
「財形貯蓄や銀行の自動積み立てだと、いざという時にすぐに引き出せない」。そんな気持ちで二の足を踏んでしまうのなら、給与口座を”二口座制”にするのがオススメ。二口座制とは、給料を受け取っている口座以外の”第二口座”を指定し、そこに給料を分けて振り込んでもらうこと。こうすることで両方とも普通預金口座ながら、メイン口座と貯蓄口座の振り分けができる。制度として導入されている会社も増えているので、会社に問い合わせてみては?

共通点2: 少額の引き出しが多い

「お財布の中身が寂しいから、取りあえず1万円おろしておこう」。こんな引き出し方が多い人は、一度に大きく残高が減らないため、無駄遣いをしている意識があまりないのでは? でも”ちりも積もれば山となる”のことわざ通り、月単位で合計すると思いがけない金額になってしまうことも多い。

そもそも、なぜ少額の引き出しが多いのだろうか? それは支出の管理ができていないからと言えるだろう。自分が何にいくら使うのかを把握できていないので、足りなくなった分をチョコチョコと引き出す必要が出てくる。

まずは、通帳の横に支出理由をメモすることから始めよう。支出把握のためには、家計簿をつけたりレシートを見直したりすることが有効だが、それだとハードルが高いと感じる人もいるだろう。お金をおろす度に、通帳の横に支出理由をメモ書きする程度であれば手軽に始められる。レコーディングダイエットではないが、「支出理由を書かなきゃ! 」という気持ちが、無自覚にお金を引き出すという行動の抑制にもなる。

共通点3: クレジットカードの支払いが高額

クレジットカードでの支払いは実際にその場でお金が動かないので、つい使いすぎてしまう傾向があるそう。クレジットカードの使いすぎを防ぐための方法の一例は以下の通り。

1)クレジットカードの枚数を減らす
カードの整理も兼ねて、あまり使わないカードは解約し、メインカードとサブカードの2枚に集約する。クレジットカードの明細を絞ることで履歴の振り返りが簡単になり、明細の見直しがしやすくなる。

2)限度額を下げる
明細の見直しの習慣がついてきたら、毎月カードで支払うお金の流れも見えてくるはず。お金の流れが見えてきたら、”1カ月に使う自分の上限”も把握できるので、カードの限度額を下げよう。こうすることで物理的に買い物のしすぎを防ぐことができる。

「貯金をするためには、自分のお金の流れを見直すことが必須です」と高橋さんは言う。お金の流れを見直すためのツールとして、通帳は身近な最強のアイテムなのかもしれない。

100万円どころか、10万円もたまらない。
浪費家とは自分で思っていなけど。。。どこかで使ってるんだろうね(汗)

サラリーマンに有利なのは「ふるさと納税」と「株主優待」どっち? 

syusyu1, · カテゴリー: Uncategorized

「なるべくラクをして、大きくガッツリ儲けたい」と誰しも考えるところですが、普段の生活やちょっとした選択で積み重なる金額もバカになりません。そこで、多くの人が迷いそうなお金に関連した身近な選択を7つ選んでみました。
株安だから少額ではじめたい!注目のFXが気になる人の完全ガイド
一目で分かるFX取引会社ランキング。 手数料やレバレッジが一覧表示
お金のチョイス1:新社会人が銀行口座を開くなら店舗型 or ネット銀行?

FX会社最新順位と比較
 正解はネット銀行。新社会人にとってはネット銀行のほうがかなり有利です。日本全国どこにでもあるコンビニで、ATMが24時間使え、月に数回までなら手数料が無料であることが多いネット銀行の使い勝手は圧倒的です。

 確かに、店舗型銀行の巨人であるメガバンクは、ATMが主要都市に多くあり、地銀も特定の地域ならATMがかなり集中しているのですが、コンビニの数には負けてしまいます。また、ネット銀行なら、転勤や転居の際も近くの銀行ATMの場所を気に掛ける必要がありません。

 振込手数料もネット銀行なら1ヶ月に数回無料のことがありますし、それ以外の手数料も店舗型銀行よりも安い場合が多くなります(ネット銀行ごとに手数料が異なります)。

 また、お金が貯まって運用する際にも、ネット銀行は低コストなので定期預金の金利が高いとか低コストの金融商品を扱っていることが多いのに対し、一般に店舗型銀行が販売する金融商品は手数料が高いものがほとんどです。

 さらに、メガバンクやシステム的に脆弱な事例が散見される地方銀行は、中国からなどのネットワーク攻撃の対象にされやすいので、ネットサービスが使いにくい(リスクが高い)というデメリットもあります(金融機関によって差があります)。

 「でも将来ローンを借りる時に有利って聞いたけど……」と言う方は、まだ高度成長期世代の体験談を鵜呑みにしているようです。銀行融資を継続してもらう必要がある企業経営者ならまだしも、一般の個人が住宅ローンを組む時は複数の金融機関を比較してもっとも有利な条件のところ(これはおそらくネット銀行か地元の金融機関)にするはずです。

お金のチョイス2: 投信の毎月定額積み立てか、自分で投資タイミングを考えるか

 正解は、真剣にお金を増やしたいなら自分で投資タイミングを考えたほうがよいといえます。

 ネットの質問箱などでは、「相場低迷時にもコツコツ投資した方が良い結果になる」とか「手元にお金があると全部使ってしまう方には口座引き落としがオススメ」というアドバイスが多いようです。しかし、相場の過熱感を考えて投資しないと相場の天井圏で売ることができませんし、相場が悪いときに自分の意思で買えなければ投資は上手になりません。

 最悪のケースはここ20年の日本株のように、何かを信じて黙々と積み立て投資をしたものの、結果として長期間失敗し続けることです。また、浪費癖があって支出をコントロールできないなら、月に1万円だけ残すことを考えるよりも、そもそも無計画な生活を改善しないとお金は増えません。

 さらに、積み立て投資を始める場合の問題点は、極めて“大きな買い物”なのに安易に投資先を決めてしまう傾向があることです。例えば、毎月2万円積み立てることを1年続ければ24万円、10年で240万円にもなります。その240万円の投資先を決めるのに十分なリサーチをして決めているのかどうか。

 実際のところ、新車が買えてしまうぐらいの大きな“買い物”なのに、恐らくほとんどの方は、自動車やパソコンを選ぶ時間どころか、ファッション雑誌を選ぶ時間ほども使っていないかもしれません。

株主優待で生活しているあの人は、
幸せなのかなあって、ちょっと心配してしまう。

なんとなくおや心・・。

浪費グセ解消!将来に向けてお金を貯めたい人のための家計簿アプリ「Money Dashboard」

syusyu1, · カテゴリー: Uncategorized

“毎月自分でも気づかぬうちにお金を使ってしまって、なかなか貯金残高が増えていかない”そんな悩みを抱えている人も多いだろう。

そんな人のために世の中には様々な資産運用をサポートしてくれるサービスがある。特に身近で既に多くの人に利用されているのが、いわゆる”家計簿アプリ”だ。

最近の家計簿アプリだと、手入力だけでなくレシートを撮影するだけで自動で入力されたり、クレジットカードと連携させることで自動でお金の入出を記録してくれるものもあり非常に便利になった。

何にお金を費やしているのかを徹底的に見える化
イギリスで注目を集めている「Money Dashboard」もその名の通り、自分のお金の管理をサポートしてくれるツールだ。

このアプリの特徴は、自分がいつ何にどのくらいのお金を費やしているのかをグラフなどを用いて徹底的に可視化し、毎日教えてくれる点。入力は手入力+クレジットカードなどの金融カードを連携させることによる自動管理。

なかなかお金がたまらないという人が、なぜそのような状況になっているのか現状を把握するのにもってこいだ。

過去のデータなどをもとに目標達成をサポート
また、現状を把握するだけではなく具体的な将来の目標を設定し、それまでの資産管理を過去のデータなども基にサポートしてくれる点も大きな特徴。

例えばマイホームを建てたいとか、車を買いたいといった自分の目標とそれに応じたプランを設定することで常に目標を意識しながらお金の管理ができる。

この分野は既に多くの国で多くのサービスが乱立している状態。今後も目が離せない非常にホットな領域だ。

 

私の場合、スマホ代がハンパない!

っていうのも、両親にTELすることが多く、line無料電話が使えないんだよなあ。